亀山 晴香

亀山 晴香

 

1998:宮城県生まれ。

2020:東北芸術工科大学洋画コース卒業、2022:同修士課程修了

「娯楽」と「矛盾」をキーワードに、玩具などを用いて作られたジオラマ写真とキャラクターのアナログペインティングを融合した作品や、スマートフォン用画像加工アプリを制作技法として加える作品などを主に制作している。

描画されたキャラクターや加工されたモチーフが持つ見た目的なポップさとは裏腹に与えられた不遇な設定や奇妙さを作品の中で一緒くたにすることで、善し悪しが面白さとして一纏めにされたある種の幼児向けアニメのような軽快かつ娯楽的な世界観を展開している。

             

経歴・過去の展覧会等のCV

2023年  3人展「High voltageGALLERY SCENA(東京)

2023年 阪急うめだ「エピソードONE 次世代アーティスト11人展 Vol.2(大阪)

2022年  グループ展「SHIBUYA STYLE Vol.16」西武渋谷美術画廊(東京)

2022年 個展「STRANGE STRANGERSGALLERY A8T(仙台)

2022年 グループ展「WHATCAFE×WHYNOT.TOKYOEXHIBITIONARTIS…"WHATCAFE( 東京)

2022年 仙台パルコ七夕祭り吹流しデザイン(仙台)

2022年 個展「HYPERBOLEMEDEL GALLERY SHU(東京)

2022年 2人展「nidomemashite」和田画廊(東京)

2022年 個展「BloomingREIJINSHA GALLERY(東京)